鬼滅の刃 第三話「錆兎と真菰」感想

鬼滅の刃三話を見た。 家族を喰われた"被害者"は"鬼殺しの資質"を師へ示し、"被害者"から"鬼殺しの刃"へ、奪われる側から奪う側へと己を鍛造する。師に殴られ(呼吸法)、自ら頭を打ちつけ(岩が切れず)、兄弟子にボコられる中で少しずつ不純物が抜け研ぎ澄まさ…

鬼滅の刃 第二話「育手・鱗滝左近次」感想

鬼滅の刃二話を見た。 今回の第二話は炭治郎の人の良さと心の強さ、だからこその未熟さが存分に描かれつつも、炭治郎を支える周りの人たちの優しさが垣間見える素晴らしい回だったと思う。 Aパート まず、小銭を払う払わないの問答から始まるのがめちゃくち…

青森の『夢で夜空を照らしたい』を応援したい

ラブライバーならだれもが知っている名曲に「夢で夜空を照らしたい」がある。話の内容、歌詞も相まって、沢山の人が『自分を育てた景色』に想いを馳せたり、地元の素敵を探したりしたのではないでしょうか。 僕はというと、本気の本気で「青森に魅力?ないな…

何気ない一言が凄く嬉しかった日

昨年度は職場を辞める人が多かった為、そもそも人手が足りず、今年の僕の会社は今までの中でもかなり忙しい部類らしい。 その補填を目的として新入社員を沢山採用したが、教育が行き届くまでは戦力の内には入らないので、実質今動ける戦力はごく少数。その中…

その、輝かしい旋律の真ん中には・・・

僕は高海千歌ちゃんが好き。 千歌ちゃんはとっても元気で、明るくて、前向きで、やりたいことに一生懸命だから。 そんな姿がキラキラしていたから。 だけど、僕は千歌ちゃんがあんなにガムシャラにスクールアイドル活動を楽しめているのは、曜ちゃんのおかげ…

人にモノを教えるということ

僕が新入社員の時、教育が呪文のように聞こえた。 専門用語、略語、専門知識ありきの教育。分からないところが分からないという気持ちを感じた。まぁ、学生時代から物分かりは悪かったから、こういうのは慣れていた。 僕は先輩社員が呆れるほど聞きまくった…

鬼滅の刃 第一話「残酷」 感想

鬼滅の刃一話を見た。 侍の時代「江戸」から文明が開化した「明治」、そしてそんな激動の変遷の波を超えた「大正」が今回の舞台。 主人公である炭焼きの少年炭治郎は、心優しく、鼻が利き、いつも家族の事や周りの人々のことを想える子。 沢山の妹や弟、そし…

泥まみれニューワールド

新しい世界の先で 君は笑っているだろうか 向かう道には困難が沢山あっただろう 辛い選択肢だってあっただろう それでも君は笑っているだろうか 君なら大丈夫だと思うんだ いや、保証なんでどこにもないが それでも言いたいんだ 大丈夫だ 大丈夫だ 未完成な…

誰かが見ていてくれているんだな、という話

もうすぐ新年度ということで、人事異動の季節ですね。 まぁ僕自身に大きな変化は無かったのですが、来年度の担当業務予定がメールで送られてきました。 僕の横に書かれていたのは、『新人教育(メイン)』。 僕よりも仕事ができる人や優秀な人がたくさんいる…

その別離は悲劇にあらず【ヴァイオレット・エヴァーガーデン第6話感想】

世の中には沢山の作品が溢れている。それは胸が熱くなるようなエンターテインメントかもしれない。世論へ呼びかけるメッセージが込められているかもしれない。そして、不意に訪れた『耐えることのできない悲しみ』を『物語という枠』に落とし込み、『意味』…